提言部会

かわさきTMOからの提言

明日の川崎
ACE戦略
―川崎駅周辺地区商業活性化戦略-

川崎駅周辺地域は何をめざしどのような街づくりをするか?

CCESS」:便利で近い街づくりをめざす
LEAN」:安心してきれいな都市空間づくりをめざす
NJOY」:楽しく憩える街づくりをめざす

3つのキーワードを取り上げ、生活者・来街者・商業者等にとって「便利がよく」・「奇麗で安心」・「楽しい街づくり」が重要と考えます。大胆な発想による都市空間を創造しながら現実の問題にも取り組む姿勢であり、これの各頭文字をとって「明日の川崎エース(ACE)戦略」と名付けました。

<ACCES=便利で近づきやすい街づくり>

(1)回遊性の創出

川崎駅周辺は、JR川崎駅が壁あるいは隘路となって商業施設やオフイスビルが駅を中心に東西、南北にと分散しています。その結果人の動線が極めて悪く一部に集中し混雑が激しいうえに、回遊性・連続性に欠け、移動を困難にしており、街のバランスのとれた発展にも商業的な購買需要においても大きく損なう結果となっています。TMO回遊性部会では、川崎駅を中心とした回遊性創出のために、「大きな回遊性」、「エリアの回遊性」、「小さな回遊性」の創出を提案しています。

川崎駅を中心とした3つの回遊性創出

具体的提案1:川崎駅南口改札の設置

JR川崎駅南口(西側)はミューザ・東芝・キャノン・JR(予定)など大型既存施設及び建設予定施設が多く就業者人口が急激に増えてきています。今後更に増えることが予想され、現在の狭隘なJR川崎駅の安全性および移動の効率性から、南口改札の設置は避けて通れない状況になっています。北口再開発計画が長期(完成H30年)にわたる現状において、南口改札口設置は効果的な対策となります。さらにJ川崎駅周辺地区の回遊性向上の面からも、中央改札口、北口改札口に加え南口改札口および南口東西通路は、駅東西のバランスある回遊性を誘発させることができます。

具体的提案2:駅東西を結ぶ都市循環回遊バス

前述の如く川崎駅が街の壁となって東西を分離し、更に南北間に大きな隔たりをつくり、その結果川崎駅を中心にして道路が放射状に配され、生活者・勤労者・来街者は、どこに行くにしても駅を中心にして移動しなければならい都市交通構造となっています。この構造が回遊性を阻害しており、本来はエリアとして共存し補完し回遊し、一日を楽しめる都市交通として連携する体系をつくります。そこで距離を感じさせない移動手段として、駅周辺を循環するワンコイン100円(できたら無料)の都市循環バスの導入を提案します。